新セット評価:霊気紛争

 2017年1つ目のセットとして登場する霊気紛争/AEther Revolt。
久々の登場となるテゼレットに加え、新たにゲートウォッチとなったアジャニや、行動回数を増やせる各種巧技サイクルなど、気になるカードも多数収録されています。
今回も当サイトでは、あくまでモダン環境からの視点で活躍が期待されるカードを挙げていきます。

 

霊気紛争の気になるカードたち
《守護フェリダー/Felidar Guardian》

 発表と同時に、《サヒーリ・ライ》を高騰させたカード。
この2枚は無限コンボを形成し、サヒーリの能力で《守護フェリダー》のコピーを作り出し、そのETB能力によってサヒーリをブリンクする事で、速攻を持ったコピーを増やしつつ一連の流れを繰り返す事が可能です。
サヒーリ・ライ》が3マナ、《守護フェリダー》が4マナとマナカーブも繋がっており、キレイに4マナ域でコンボを達成出来ます。
守護フェリダー》自体も、《稲妻》と《突然の衰微》の射程圏外とモダン標準の除去耐性を備えており、今後増えそうな《致命的な一押し》も紛争状態で無ければ圏外です。
相方の《サヒーリ・ライ》は《突然の衰微》が効いてしまいますが、そもそもがPWである為除去が難しいカードであり、コンボとしての信頼性はそこそこのものでは無いでしょうか。
それぞれが持つコピーやブリンクも、《前兆の壁》や《台所の嫌がらせ屋》等、デッキの構造自体をそれらを活かしやすいものとすれば腐りにくく、十分に可能性を感じさせてくれるカード及びコンボなのではないでしょうか。

(Avatar)

 

《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》

 《ゴブリンの電術師》のような能力を持った伝説のクリーチャー。
伝説である為に複数体並べる事は出来ませんが、《ゴブリンの電術師》も採用実績のあるStormデッキでは1体いれば十分なカードであった為、そこまで問題にはならないでしょう。
ゴブリンの電術師》と違い、タフネスが3ある為、《集団的蛮行》や《コラガンの命令》に耐えるのは魅力と言えます。
むしろ問題となるのは、先日の禁止改定において《ギタクシア派の調査》が禁止されてしまったことでしょうか。
これにより《紅蓮術士の昇天》系のデッキは大打撃を受けており、そもそも《遵法長、バラル》が入りうるデッキが今後どうなるのかですが…。

(Avatar)

 

《戦利品の魔道士/Trophy Mage》

 《粗石の魔道士》や《宝物の魔道士》の流れを組むカードであり、今回は3マナをサーチします。
3マナのアーティファクトとなると、モダンでは《忘却石》や《罠の橋》、《ヴィダルケンの枷》、《火と氷の剣》のような各種剣サイクル等があり、そこそこサーチ先は存在していると言えます。
忘却石》のサーチと言う点で青系のTronデッキでの採用が考えられますが、大抵のリストでは探せるのはこれ1枚だけと、少なくとも現状のままでは《宝物の魔道士》程の魅力は無さそうです。
或いは、これまであまりモダンで活躍の見られていない剣シリーズを探す役目として…、流石にテンポ面が悪すぎる気がしてしまいますが、期待はしてみたいものです。
どうしても《石鍛冶の神秘家》と比べると見劣りしてしまいますが…流石に比較対象には出来ませんね。

(Avatar)

 

《発明品の唸り/Whir of Invention》

 アーティファクト版《召喚の調べ》と言った感じのカードです。
ライブラリーから直接場に出すという効果はやはり強力ですし、インスタントなので持ってくる物次第では奇襲も可能と、それなりに面白い動きもしてくれそうです。
(なにかしらの起動型能力を持つカードのプレイに対応して《真髄の針》を持ってきて計算を狂わせるとかも面白そうです)
ただ召集とは違い、即席では不特定マナコストを減らすことしかできず、青のトリプルシンボルはそのままという点が少し厳しく感じてしまいます。
青系統であり、アーティファクトを多用するデッキとしては青トロンのようなデッキがありますが、このデッキの場合、不特定マナには困らないものの先に言った青のトリプルシンボルが足を引っ張ってしまいます。
さらに《粗石の魔道士》や《宝物の魔道士》といったカードの存在もあり、ここまでしなくてもいいのでは、という疑問が付いて回ります。
ただ最近はあまり見かけませんが、The Tezzeratorのようなデッキには非常に相性が良く、このカードの登場でひょっとすると環境に姿を現す事になるかもしれませんね。

(独楽)

 

《致命的な一押し/Fatal Push》

 個人的には今回1番の目玉と言えるカードだと思っています。
1マナで2マナまでのクリーチャーを破壊出来るのは非常に優秀で、さらに紛争で4マナまで範囲内となれば、テンポ面でも非常に貢献してくれる素晴らしいカードかなと。
マナコストしか制限が無いため《ちらつき蛾の生息地》や《怒り狂う山峡》、《天界の列柱》といった強力なミシュラランドすらも容易に対処が可能です。
流刑への道》と違い、相手に基本地形を献上する事も無いので、最序盤から惜しまずに使っていけるのも素晴らしい点ですね。
しかし、追放の方が良いという場面や、5マナ以上のクリーチャーへの対処札という面での違いがありますので、この辺りは上手く住み分けがされそうです。
ただ如何に強力と言えど、最大限の効果を発揮しようとすれば紛争が必要ですし、TronやScapeshiftのような大型が出てくるデッキ相手ではそこまで効果は期待できないので、手放しで4枚という具合にはならないのではないかなと考えています。
ただ、それを考えてもモダン環境に存在する除去の中でもトップクラスの性能だと思うので、BG系(特にAbzan Junk)やGrixisやEsper系のデッキで採用されるのではないでしょうか。

(独楽)

 

《ヤヘンニの巧技/Yahenni’s Expertise》

 今回登場した巧技サイクルは、それぞれが自身のマナコスト未満の呪文を手札からコストを踏み倒して唱える事が出来ます。
続唱に似た能力ですね。
それらの中でも、この《ヤヘンニの巧技》は魅力的な1枚でしょう。
特にコントロールデッキで使用されることの多い全体除去呪文ではありますが、そのコストの重さから追加の行動を取りづらく、盤面を一度更地にしようとも次のターンにはまた脅威が展開されてしまい、なかなかゲームの主導権を握る事が出来ません。
そういった中、《ヤヘンニの巧技》では全体除去に加えて3マナ以下の追加行動が可能となり、《ヴェールのリリアナ》や《ジェイス・ベレレン》のようなPWの展開であったり、或いは《エスパーの魔除け》や《コラガンの命令》のハンデスを活用して、相手のリソースを大きく削ぐ行動も可能です。
-3修正では落とせないクリーチャーも一定数存在している為、《滅び》等と同じように扱うことは出来ませんが、コントロール好きとしては一度活用をしっかりと考えてみたいカードです。
祖先の幻視》を即座に唱えられるというのも魅力的ですしね。

(Avatar)

 

《カーリ・ゼヴの巧技/Kari Zev’s Expertise》

 《反逆の行動》の強化版と言った感じのカード。
モダン環境では殆ど見る事のない類のカードではありますが、おまけで付いてくる能力が非常に強力な印象を受けるので、それであれば話は別になるのではないでしょうか。
ただ、コントロールを奪って殴るだけではテンポが非常に悪いですが、そこから追加の展開が可能となればそういった面での不安も解消されます。
モダン環境に置いて、テンポ面での損失は相当に厳しいものがあるので、その不安が無いのであれば十分に可能性は感じます。
またLiving Endにおいて、手札に来てしまった《死せる生》を問題なく唱える事が可能となり、同じマナコストであるため一緒に使われている続唱呪文の邪魔をすることも無いと、良いことづくめではないでしょうか。
今回の禁止改訂で、多少なりともDredgeは弱体化するでしょうし、そのタイミングで墓地対策が緩くなれば、Living Endにも十分チャンスは回ってくるかもしれません。

(独楽)

 

《ピアの革命/Pia’s Revolution》

 使われるのかまったく分からないけれど、頭のいい人が何かやってくれそうなカードシリーズ(笑)
アーティファクト版《通行の神、エイスリオス》といった能力を持ったエンチャントです。
一番最初に思いつくのはAffinityで、《電結の荒廃者》で《羽ばたき飛行機械》や《メムナイト》、《オパールのモックス》といった0マナのアーティファクトを食べて相手に選択を迫る事でしょうか。
さすがAffinityでこういう動きをするのに3マナのカードを使うのは躊躇われますが、相手が3点受ける事を選べばそれはそれで良いですし、嫌がれば際限なく大きくなる可能性もあります、また全体除去への強烈なプレッシャーにはなるでしょうから、実は案外やり手なのかもしれません。
(もちろん入るスペースがあればの話ですが…)
他にも何かしらでコンボする動きもあるかもしれませんし、頭のいい人に期待です。
「相手に選択権があるカードは弱い」というのがMTGでは通説ですが、果たしてこのカードはその通説を覆す事ができるでしょうか。

(独楽)

 

《世話/Wrangle》

 2マナとお安くなった《反逆の行動》系の呪文。
コストが軽くなった分、対象範囲は少し狭くなってしまいましたが、それでもパワー4もあれば《包囲サイ》や《残忍な剥ぎ取り》、基本サイズの《タルモゴイフ》まで対象に取れます。
こういったカードのモダンでの実績はそれほどありませんが、2マナと軽くなった事でアグロ系のデッキのサイドボードに見かける可能性も出てくるのではないでしょうか。

(Avatar)

 

《隠れた薬草医/Hidden Herbalists》

 紛争版《炎樹族の使者》と言う感じですね。
本人も2マナ2/2と熊であるため、十分なスペックを備えています。
Naya Blitzに追加の《炎樹族の使者》として使用される可能性はありますが、問題として、紛争していなければただのバニラである事と、緑マナしか出ないため《無謀な奇襲隊》や他の優秀な赤いクリーチャーを唱えるのにも使えないため、しっかり使うには多少なりとも構築を気にする必要がありそうですね。

(独楽)

 

《ナーナムの改革派/Narnam Renegade》

 1マナ1/2で接死持ち、しかもエルフと最近の1マナクリーチャーはびっくりするぐらい高性能ですね。
紛争していれば1マナで2/3と十分にアタッカーとしても使えるので、アグロエルフのようなデッキが出てくれば出番もあるのではないでしょうか。
Death’s Shadow Aggroにも採用が十分に考えられるのではないでしょうか。
(ただ《ギタクシア派の調査》の禁止等により、以前よりは確実に数を減らしそうですが…)
しかし、最近のクリーチャーはほんと昔では考えられないほど高性能ですね。

(独楽)

 

《闇の暗示/Dark Intimations》

 ミニ《残酷な根本原理》的なカード。
現時点では全く使われそうもないのですが、もしアモンケットのニコル・ボーラスがとんでもないスペックだったら…、たったそれだけの期待枠です。
流石に《プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス》を使いまわそうなんて人は…いないと思うんですけどもね。

(Avatar)

 

《改革派の結集者/Renegade Rallier》

 モダン視点では《致命的な一押し》と並んで大きな話題を呼んでいる1枚ですね。
紛争状態で戦場に出れば、2マナ以下のパーマネントをリアニメイトします。
タルモゴイフ》はもちろん、《復活の声》や《ヴリンの神童、ジェイス》、果ては《苦花》でもフェッチランドでも戻ってきます。
とんでもない能力です。
(色々疑問符の尽きない能力です…)
致命的な一押し》と同じく、フェッチランドの存在するモダンでは紛争の達成は容易であり、或いは戦闘時にクリーチャーが処理されればそれを回収するだけでも十分過ぎます。
残忍な剥ぎ取り》との相性の良さからAbzan Junkでの活用や、《集合した中隊》を軸としたデッキでの活用も期待出来ます。

(Avatar)

 

《策謀家テゼレット/Tezzeret the Schemer》

 久々のテゼレットは相変わらずのUBカラーでした。
ボーラスの工作員、テゼレット》と比較すると、どうしても地味に見えてはしまいますが、こちらも十分に魅力的な1枚です。
疑似《水蓮の花びら》は4→6マナの動きを可能とし、《ワームとぐろエンジン》のような重たい呪文へと繋がります。
小マイナスでのパンプ或いは除去も盤面に大きく影響を与える能力であり、攻める場合にも守る場合にも活用が出来ます。

(Avatar)

 

《ギラプールの希望/Hope of Ghirapur》

 《ザンティッドの大群》のような効果を持った高性能アーティファクトクリーチャー。
無色で1マナ1/1飛行と言うだけでも、クリーチャーとして十分なスペックですが、そこに相手の呪文のプレイを制限する能力まで付いています。
効果を発揮するのにいくつかの条件が必要で、使い捨てになってしまう点が《ザンティッドの大群》に劣る点ですが、色を問わず使える事、打点がある事、相手ターンにも効果が及ぶという面で優れています。
モダンには多くのコンボデッキが存在するので、それらに対する対策(1ターン止めてしまえば勝てる場合も十分にあります)にも使えますし、逆にコンボデッキ側が妨害を封じてコンボをする際にも使えるため、サイドボードの新たなる選択肢になる可能性も大いにあるのではないでしょうか。
ただ、先に述べたように、効果を発揮するには条件がありますので、過信しすぎるのもあまりよくないかもしれません。

(独楽)

 

《金属ミミック/Metallic Mimic》

 +1/+1カウンターという形で部族デッキを強化するロード的なクリーチャー。
アーティファクトであるため、どんな部族系統のデッキにも採用可能であり、+1/+1カウンターでの強化なので、こいつが場を離れても強化され続けるのは大きな魅力ですが、後続にしか効果がないのは少なからず欠点です。
また部族デッキに良く採用される《変わり谷》に対しては何の影響も与えないのも寂しいところですね。
ただ、それでもこの手の能力を持つ生物はそれなりの頻度で採用される事がありますし、マーフォークを筆頭とする部族デッキで採用される可能性はあるのではないでしょうか。

(独楽)

 

《パラドックス装置/Paradox Engine》

 どう見ても悪い事をする為だけに刷られたカード。
分かりやすい所では、《等時の王笏》と合計2マナ以上を提供出来るマナアーティファクトなどを組み合わせれば簡単に無限コンボが発生します。
ただカードを引きたいだけなら、マナアーティファクトが無くとも《魔力変》を刻印するだけでデッキを引き切る事も出来ます。
とにかくいくらでも悪い事は出来そうなカードですが、枚数が多くなればモダンでは現実的では無さそうですし、そもそも本体が5マナというのもネックです。
それでも、こういうカードは定期的にとんでもないデッキを生み出してくるので、何か出てくるのか注目をしておきたいですね。

(Avatar)

 

《次元橋/Planar Bridge》

 各種Tronデッキで少なからず可能性を感じる1枚。
ウギンの目》のように土地枠では無い為スロットは必要ですが、その分インスタントタイミングで直接戦場に出すことが可能です。
ウギンの目》在りし頃のTronは、後半フィニッシャーが延々出続ける強みを持っていましたが、そういった行動を再び可能にしてくれると思えば夢のあるカードです。
6マナという事もあり、《宝物の魔道士》を扱える青系が特に活用しやすそうですね。

(Avatar)

 

《歩行バリスタ/Walking Ballista》

 《トリスケリオン》の亜種。
本家と同じコストで唱えればサイズ面でのマナ効率は悪いものの、最低2マナからキャストが可能です。
軽く唱えた後に、余裕があればカウンターを増やしていく事も可能であり、非常に融通の利く作りになっています。
また、点数で見たマナコストが0である為、《粗石の魔道士》でサーチが効く点も魅力的です。
盤面を細かく処理していく場合には便利な能力ですし、Tron系のデッキなどで採用の可能性もありそうです。

(Avatar)

 

《産業の塔/Spire of Industry》

 アーティファクトをコントロールしていればライフの損失はあるものの5色地形として使用可能な土地。
通常でも無色マナが生み出せるため、最低限の仕事はできそうです。
Affinityで採用される《空僻地》との比較が面白く、あちらはアーティファクトがないと壊れてしまいますが、ライフ損失はありません。
こちらはライフ損失はあるものの、《忍び寄る腐食》や《粉砕の嵐》が直撃したとしても場に残るというのは利点です。
(まぁAffinityのようなデッキでそれらが直撃すると致命傷なのであまり関係ないという意見もありますが…)
他にはランタン等でどうか?という意見もありますが、あちらはなるべくライフ損失を抑えたいという思いがあるので、採用は厳しいような気がします。
しかしこういった5色地形はやはり有用であり、無色マナもしっかり生み出せるので、どこかしらで居場所を見つけるかもしれませんね。

(独楽)

 

総評

 今回はそこまで強いカードも無さそうだなと感じていた霊気紛争ではありますが、実際に選出してみればそこそこの数がありました。
新セットの中から10枚以上のカードに可能性を感じられる辺り、まだまだモダンのキャパには余裕があるなと感じる次第です。

 それらの中でも、やはり《致命的な一押し》はモダン環境にとっても大きな意味合いを持ちそうです。
黒はクリーチャー除去の色だとはよく言われるものですが、これまでで黒単色で最も強力な除去呪文と言えそうなのは、《喉首狙い》か《四肢切断》といったところです。
これらはどちらもAffinityに無力であったり、Burnと当たれば死に札であったりと大きな欠点を持っていましたが、それらと比べれば《致命的な一押し》が持つ欠点は微々たるものです。

 《致命的な一押し》を除けば、カラデシュの時と比べるとどうしても物足りなさを感じてしまいますが、流石に敵対色ファストランドが収録されたセットと比較するのも酷い話かも知れません。
増してや、今回は発売日に施行される禁止改定が非常に大きな影響力を持つものであり、モダン環境にとっては新セット云々以前の問題です。
禁止改定の影響、そして霊気紛争が加わる事によってまた大きく動くモダン環境。
今後の動きからも目が離せません。

The following two tabs change content below.
Modern Crypt

Modern Crypt

この投稿者は、複数のユーザーによって書かれた記事に割り当てられるものです。 記事への質問などありましたらお気軽にコメントください。
Modern Crypt

最新記事 by Modern Crypt (全て見る)

Ads by Google

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)